「Jesus vs. Santa」を和訳しよう- Part 3

Jesus_vs_Santa_3The Spirit of Christmas
スポンサーリンク

The Spirit of Christmas」の第2エピソード「Jesus vs. Santa」の和訳編パート3です。

とみー
とみー

今回は全5回のうちの第3回で2:00〜3:00くらいまでの文章を扱っています!

  1. 0:00 〜 1:00
  2. 1:00 〜 2:00
  3. 2:00 〜 3:00
  4. 3:00 〜 4:00
  5. 4:00 〜 最後まで
対象読者

英語レベル:中学卒業〜高校程度

基本的な文法が押さえられていれば問題ありません。

注意

今回の文章には品のない内容が一部含まれています。

カジュアルな英語表現を身につけるという目的のために、そうした内容も他の話題と区別することなく解説を行いますが、ご気分が優れない方もいらっしゃるかと思いますので、その場合はここで引き返すことをおすすめします。

参考 視聴の上での注意はこちらの記事で説明してあります。

Creative Commons License
今回のスクリプトは South Park Archives からの引用であり、本記事の関連するすべての内容は クリエイティブ・コモンズ 表示 – 継承 3.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

また、South Park に関する画像は Comedy Central に著作権があり、関連するロゴやタイトル、キャラクターはすべて Comedy Partners の商標となっています。

過去には公式サイトで視聴できたようですが、どうやら厳密にはサウスパークでないとのことから削除されてしまったようです。現在はファンによりアップロードされた動画がYouTube(検索結果が開きます)などで確認できます。

スポンサーリンク

Jesus vs. Santa:前回までの振り返り

復讐を果たすためにサウスパークにやってきたイエス。ユダヤ人であるカイルは自分が復讐の対象なのかと恐れますが、イエスの本当の目的は別にあり、どうやらサウスパークモールに用がある様子です。

イエス
イエス

“The Mall”に行きたい。。。

カイル
カイル

じゃあお連れします!

いざモールにたどり着くと、そこにいたのはなんとサンタ。

サンタ
サンタ

また会ったね、イエス。

イエスとサンタはクリスマスの本当の意味をめぐって因縁があるようです。

イエス
イエス

クリスマスは私の誕生日だ!

サンタ
サンタ

クリスマスはプレゼントだ!

今回は、クリスマスの意味をはっきりさせるためにイエスとサンタが戦うそんなお話です。

スポンサーリンク

今回のスクリプト

聞き取れなかった方はまず文面で理解し、その後スクリプトを見ながら徐々に耳を慣らしていきましょう!

スクリプトはこちらです。

  1. 少年たち:Go Santa! Uh, go Jesus!
    イエス:Chung kwang do!
    サンタ:Wha…?
  2. サンタ:Yoktuki!
    イエス:Whoa! 
    ケニー:(Oh, no!)
  3. カイル:Oh my god! They killed Kenny!
  4. サンタ:Come on, you son of a bitch!
    イエス:Come on! Come on!
    サンタ:Come on!
  5. イエス:Boys, help me put an end to him once and for all.
    サンタ:No, boys, help me, so that I can put an end to him.
  6. イエス:God is watching you, boys. You know who to help.
    サンタ:Stan, remember the choo-choo when you were three?
  7. イエス:I died for your sins, boys. Don’t forget that.
  8. スタン:I don’t know what to do, dude. Who should we help?
    カートマン:I say we help Santa Claus.
  9. カイル:Aw, you’re just saying that because he brings you candy.
    カートマン:Hey! I don’t need to take that kinda shit from a Jew.
  10. カイル:You’re such a fat fuck, Cartman, that when you walk down the street people go GOD DAMMIT that kid’s a BIG FAT FUCK.
    カートマン:Oh yeah? Well, at least I’m not a p—!
    カイル:Shut up!
  11. サンタ:Buttfuckin…
    カイル:I’m not the buttfucker, Cartman, YOU’RE the buttfucker…
    サンタ:FUCK YOU!
スポンサーリンク

構文解析と意味の取り方

構文解析と意味の取り方

構文解析などという高尚なものではありませんが、1つずつ丁寧に文を見ていきます。

1ブロック目

少年たち
少年たち

Go Santa! Uh, go Jesus!

イエス
イエス

Chung kwang do!

サンタ
サンタ

Wha…?

イエスとサンタの戦いが本格的に始まり、イエスが反撃を行うシーンです。

管理人とみーはプレイしたことがないのですが、戦闘シーンは「モータルコンバット」という格闘ゲームに似せており、BGMも「モータルコンバット3」のものを使っているようです。

とみー
とみー

特に難しいところはありませんね。

  1. 少年たち:Go Santa!
  2. Uh, go Jesus!
  3. イエス:Chung kwang do!
  4. サンタ:Wha…?
少年たち:Go Santa!

サンタがイエスを投げ飛ばして優勢になったので、少年たちがサンタを応援します。

Uh, go Jesus!

ところがイエスに睨まれて気まずくなってしまったため、今度は応援の対象をイエスに変えました。

とみー
とみー

少年たちもどっちを応援して良いのかわからないのです。

イエス:Chung kwang do!

この言葉に意味はありません。それっぽい声を当てただけでしょう。

サンタ:Wha…?

戦闘シーンであることを踏まえて訳すのであれば「なに…?」やさらに短くした「なっ…?」などが適当でしょう。

とみー
とみー

ちなみにこの攻撃で3人の子供がサンタの家の下敷きになっています。。。

日本語訳例

少年たち:いけ、サンタ!あ、えっと、いけ神様!

イエス:チュンクァンドゥ!

サンタ:な…?

2ブロック目

サンタ
サンタ

Yoktuki!

イエス
イエス

Whoa

ケニー
ケニー

(Oh, no!)

今度はサンタが反撃を行うシーンですね。

とみー
とみー

ちなみにケニーはフードで口を覆っているため、聞き取れないのが普通です。

カジュアルな表現
  • whoa:うわぁ
whoa

「Jesus vs. Frosty」のときにも「whoa」は登場しましたが、あの時は「落ち着きなさい」という意味でした。ここでは驚いたときにとっさに出る「わあ」という言葉です。

綴りも「うわぁ」感がありますね。

とみー
とみー

ここも文章ではないので簡単ですね。

  1. サンタ:Yoktuki!
  2. イエス:Whoa!
  3. ケニー:Oh no!
サンタ:Yoktuki!

先ほどのイエスの「Chung kwang do!」と同様に意味のない言葉です。それっぽいですね。

イエス:Whoa!

サンタが飛ばした青色の物体を避ける際に出た言葉です。「あぶねっ!」のように訳すと日本語っぽいです。

ケニー:Oh no!

イエスが避けた物体がケニーに向かってきたため、「まじかよ!」と言っているのです。

とみー
とみー

はっきりと聞き取れはしませんが、言われてみるとそう言ってる感じがしますね。

日本語訳例

サンタ:ヨクトーキー!

イエス:うわぁ!

ケニー:まじかよ!

3ブロック目

カイル
カイル

Oh my god! They killed Kenny!

イエスを捉え損ねた青い物体は、ケニーの首を跳ねてしまいました。ここは、カイルがそのことを嘆いているシーンです。

とみー
とみー

Jesus vs. Frosty」でも似た言い回しがありましたね。サウスパークお決まりのセリフです。

ちなみに飛んだケニーの首が石像を倒し、さらに3人の子供が犠牲になっています。

サウスパークの神様は、自分の目的に周りの人を巻き込んでしまう、いかにも人間らしい神様ですね。

日本語訳例

カイル:なんてこった!ケニーが殺されちゃった!

4ブロック目

サンタ
サンタ

Come on, you son of a bitch!

イエス
イエス

Come on! Come on!

サンタ
サンタ

Come on!

ここは言葉が被っているので聞き取りにくいですね。聞き取れなくても特に支障がないのであまり気にしないで良いでしょう。

カジュアルな表現
  • come on:かかってこい
come on

「こっちへおいで」という意味で使用されることが多いですが、今回のような戦いのシーンでは相手を挑発するために使用されます。いずれのケースでも「来いよ」と訳すと意味が通りますね。

とみー
とみー

簡単なシーンが続いてありがたいですね!

  1. サンタ:Come on, you son of a bitch!
  2. イエス:Come on! Come on!
  3. サンタ:Come on!

son of a bitch」はパート1で見た「sonofabitch」の元の形です。ちなみに、「you」も「son of a bitch」もイエスを指しています。

神様にこんな言葉遣いをできるなんて、サウスパークでのサンタと神様の関係が気になりますね。

また、イエスとサンタの「Come on!」が続きますが、連続で言っているわけではなくやいややいや言い合っているだけなので、ここは特に意味を考える必要はないでしょう。

とみー
とみー

適当に訳して構いません。

日本語訳例

サンタ:来いよくそ野郎!

イエス:来いよ!ほら!

スタン:このっ!

5ブロック目

イエス
イエス

Boys, help me put an end to him once and for all.

サンタ
サンタ

No, boys, help me, so that I can put an end to him.

前回登場した「put an end to 〜」が再び出てきましたが、音が繋がって聞き取りにくいです。

重要なボキャブラリー
  • help 〜 V:〜が…するのを手伝う
  • once and for all:この1回きりで
  • so that S V:SがVできるように
help 〜 V

この用法の場合、「help 〜 toV」としてto不定詞を続けることもできますが、「to」はたいてい省略されるため、原形が来ても驚かないようにしましょう。

  • Can you help me solve this problem?
  • Can you help me to solve this problem?

はどちらも同じ意味で、どちらもOKです。

so that S V

目的を表す従属説を作る表現で、that 節内では「can」や「could」がしばしば使用されます。

  • Kyle whispered something to her so that nobody else could hear.(他の誰にも聞こえないようにカイルは彼女に何かささやいた)

カジュアルな場面では「that」が省略されることもあるので注意しましょう。

とみー
とみー

「put an end to 〜」の意味は覚えているでしょうか?

  1. イエス:Boys, help me put an end to him once and for all.
  2. サンタ:No, boys, help me, so that I can put an end to him.
イエス:Boys, help me put an end to him once and for all.

put and end to 〜」は「〜を終わらせる」ですね。人に対して使用すると「息の根を止める」というニュアンスが含まれます。

サンタ:No, boys, help me, so that I can put an end to him.

上で見た通り、「so that」に続いて「can」が使われています。「私がこいつを終わらせられるように」という訳になります。

とみー
とみー

イエスとサンタがそれぞれ助けを求めています。

日本語訳例

イエス:少年たち、この1回限りだ、こいつを終わらせるのを手伝ってくれないか。

スタン:いや、少年たちよ、私がこいつを終わらせられるように助けてくれよ。

6ブロック目

イエス
イエス

God is watching you, boys. You know who to help.

サンタ
サンタ

Stan, remember the choo-choo when you were three?

カジュアルな表現
  • choo-choo:汽車ポッポ
choo-choo

「汽車ポッポ」の訳からわかるように、電車を表す赤ちゃん言葉です。

日常会話で汽車ポッポなんて大人が使わないように、普段「choo-choo」を使うことは少ないかもしれません。

とみー
とみー

イエスもサンタも助けてもらうためのアピールをしています。

  1. イエス:God is watching you, boys.
  2. You know who to help.
  3. サンタ:Stan, remember the choo-choo when you were three?
イエス:God is watching you, boys.

「神はあなた方を見ていますよ、少年たち」です。

「人々を見守っている」や「悪いことをしても見ている」という意味で使用されることの多いこの文ですが、ここでは文字通り神が見ています。

You know who to help.

疑問詞+to不定詞」の形ですね。ここでの「who」は「help」の目的語なので本来は「whom to help」とすべきところです。

意味的には

You know who(m) to help, don’t you?

のように捉えるとわかりやすいでしょう。「誰を助けるべきかはわかるでしょう」という感じです。

サンタ:Stan, remember the choo-choo when you were three?

動詞から始まる疑問文に見慣れない方も多いでしょう。これは

  • Do you remember the choo-choo when you were three?
  • Don’t you remember the choo-choo when you were three?
  • You remember the choo-choo when you were three, right?
  • You remember the choo-choo when you were three, dont’ you?

などの省略形で、カジュアルな場面ではこのように「Do you」をまるまる取り除いてしまうことがあります。

次に、「choo-choo」に関して1つ疑問が浮かびます。

サンタが少年たちに助けを求めているのに、なぜ「汽車ポッポーが」話題になっているのでしょう?

これはスタンが3歳の頃とあるので、おそらくスタンが過去にもらったクリスマスプレゼントだと推測できます。つまり、

サンタ
サンタ

クリスマスプレゼントをあげた恩があるだろう?だったら助けてくれるよな?

という意味が込められているのです。

日本語訳例

イエス:神は君たちを見ているよ、少年たち。誰を助けるべきかはわかるでしょう。

サンタ:スタン、君が3歳の頃の汽車ポッポーを覚えているだろう?

7ブロック目

イエス
イエス

I died for your sins, boys. Don’t forget that.

ここは聞き取りやすいですね。

重要なボキャブラリー
  • sin:宗教上・道徳上の罪
sin

罪は罪でも犯罪ではなく、神に対する罪を表す単語です。キリスト教の7つの大罪などの宗教的な罪や、道徳や常識に反する行いなどに使われます。

とみー
とみー

イエスがさらにアピールを続けたシーンです。

  1. イエス:I died for your sins.
  2. Don’t forget that.
イエス:I died for your sins.

キリスト教では、神の食べ物である禁断の木の実を食べてしまった人間の罪(原罪)を、イエスの死をもって償ったという解釈をします。これを頭に入れると、「あなたたちの罪のために死んだ」という意味が理解できるはずです。

とみー
とみー

つまり、このイエスは1度死んだ後に復活したイエスということになります。

Don’t forget that.

自分が人間のために死んだという事実を忘れるなという意味で、戦いに手助けをしてもらうための念押しをしています。

ここでは「忘れたとは言わせません」のように訳すとそれっぽいですね。

日本語訳例

イエス:私はあなたたちの罪のために死んだのですよ。忘れたとは言わせませんよ。

8ブロック目

スタン
スタン

I don’t know what to do, dude. Who should we help?

カートマン
カートマン

I say we help Santa Claus.

「I don’t know what to do」は早口ですが、よく聞くセリフです。この発音をよく覚えましょう。

カジュアルな表現
  • I say 〜:〜だと思う、〜を提案する
I say 〜

「私は〜と言う」が直訳ですが、「〜だと思う」のように自分の考えや意見を表明する使い方も会話では頻出です。

「I would say 〜」のように「would」を入れて「〜なんじゃないかな」と語気を弱めて意見を述べる表現もあります。

とみー
とみー

訳は特に難しくありません!

  1. スタン:I don’t know what to do, dude.
  2. Who should we help?
  3. カートマンI say we help Santa Claus.
スタン:I don’t know what to do, dude.

I don’t know what to do」は「どうしたら良いかわからない」という表現です。

ここでの「dude」はどうしたら良いかわからない状況を嘆いて出た言葉です。訳すときは「どうしたら良いかわかんねぇよ」のように語尾を崩すと雰囲気が出ます。

Who should we help?

正しくは

Whom should we help?

です。「誰を助ければいいの?」という訳になります。

カートマンI say we help Santa Claus.

ここの「I say」は提案的な使い方です。「we help Santa Claus」を提案する、つまり「サンタを助けるべきだと思う」と言っています。

日本語訳例

スタン:どうしたら良いのかもうわかんないよ。誰を助けるべきなんだ?

カートマン:俺はサンタクロースを助けるべきだと思うぞ。

9ブロック目

カイル
カイル

Aw, you’re just saying that because he brings you candy.

カートマン
カートマン

Hey! I don’t need to take that kinda shit from a Jew.

どちらも早口でここは難しいです。カイルの「because」は「cuz」のように発音されていますし、カートマンのダミ声はそれだけで聞き取りにくいですね。

カジュアルな表現
  • kinda:kind ofの短縮系
特に注意が必要な表現
  • shit:たわごと
重要なボキャブラリー
  • Jew:ユダヤ人
kinda

一種の〜」を表す「kind of 〜」の短縮系です。

とみー
とみー

What kinda music do you like?

は基本的な文ですが、「どんな音楽が好きかい?」という意味ですね。

shit

「shit」は「くそ」を意味する放送禁止用語のスラングです。文脈によって「くそみたいなたわごと」という意味で使われることがあります。

「fuck」と比べるとややマイルドな感はありますが、公式の場では口にしてはいけない言葉ですし、どんなに仲が良い関係であっても許されない場合があるため、知っておくことは大切ですが、相当のことがない限り自分では使わないようにしましょう。

Jew

Jewish」は「ユダヤ人の」という形容詞、「Jew」は「ユダヤ人」という名詞です。

ただし、この言葉は差別用語として浸透しているため、軽率な使用は控えるべきです。

とみー
とみー

聞き取りは難しいですが、言っていること自体は難しくありません。

  1. カイル:Aw, you’re just saying that because he brings you candy.
  2. カートマン:Hey! I don’t need to take that kinda shit from a Jew.
カイル:Aw, you’re just saying that because he brings you candy.

that」はカートマンの「サンタを応援すべき」という発言を指しています。

bring 〜 …」は「〜に…をもたらす」です。

candy」はもちろん「キャンディー」ですが、ここではクリスマスプレゼントの一例として挙げられているだけでキャンディーであることに意味はありません。

とみー
とみー

クリスマスにプレゼントをくれるからサンタを応援するというカートマンの浅ましさを非難しているのです。

カートマン:Hey! I don’t need to take that kinda shit from a Jew.

I don’t need to take 〜」は「〜を聞き入れる必要はない」です。もう少し日本語っぽくするなら、「俺は〜なんか聞き入れないぞ」といったところでしょう。

that kinda shit」は「そのような種類のたわごと」ですが「そんなたわごと」のように訳すと自然です。

from a Jew」は「ユダヤ人から」です。

とみー
とみー

カートマンはユダヤ人のことが嫌いなようですね。。。

日本語訳例

カイル:ああ、サンタがキャンディーをくれるからそう言ってるだけだろ、お前は。

カートマン:おい!俺はユダヤ人のそんなたわごと聞かねぇよ。

10ブロック目

カイル
カイル

You’re such a fat fuck, Cartman, that when you walk down the street people go GOD DAMMIT that kid’s a BIG FAT FUCK.

カートマン
カートマン

Oh yeah? Well, at least I’m not a p—!

カイル
カイル

Shut up!

ここも非常に難しいですね。

とみー
とみー

カイルの「that kid’s」の部分はとみーもよく聞き取れません。。。

カジュアルな表現
  • go:〜と言う
特に注意が必要な表現
  • fuck:人間のクズ
重要なボキャブラリー
  • walk down the street:通りを歩く
go

これは少しびっくりするかもしれません。「go」という動詞はその使いやすさから他の動詞を侵食しつつあり、現在ではカジュアルな場面で「say」の代わりとして使用されることがあるのです。

参考 StackExchange “How (and when) was it that the verb ‘go’ began to mean ‘say’ in common usage?”

fuck

「fuck」を名詞として使用すると、「ゴミみたいなやつ」という侮辱の表現になります。形容詞で修飾して「fat fcuk(デブ野郎)」、「stupid fuck(ばか野郎)」のようになることもあります。

「fuck」は英語で最も下品とも呼べる言葉なので、当然禁止用語ですし、使用しないに越したことはありません。

walk down the street

「walk down 〜」は「〜を歩いて下る」という意味でも使用されますが、「walk down the street」の場合「下る」という意味はなく、「walk along〜に沿って歩く)」に置き換えができます。

なぜ「down」かを考えるよりは、「walk down the street」というかたまりで覚えてしまった方がいいでしょう。

参考 HiNative 「walk down と walk はどう違いますか?」
参考 HiNative 「walk in the streets と walk on the street(s) と walk along the street とwalk down the street と walk up the street はどう違いますか?」
参考 italki “What does ‘Walk down’ mean?”

とみー
とみー

実は似たようなシーンが後のサウスパークに登場したりします。

  1. カイル:You’re such a fat fuck, Cartman, that when you walk down the street people go GOD DAMMIT that kid’s a BIG FAT FUCK.
  2. カートマン:Oh yeah? Well, at least I’m not a p—!
  3. カイル:Shut up!
カイル:You’re such a fat fuck, Cartman, that when you walk down the street people go GOD DAMMIT that kid’s a BIG FAT FUCK.

いわゆる「such that構文」です。「とても〜なので…だ」という訳し方をします。that 節の中はカンマやクォーテーションマークがありませんが、補うと次のようになります。

when you walk down the street, people go GOD DAMMIT that kid’s a BIG FAT FUCK.

「that kid’s」のアポストロフィsは「〜の」という所有の意味ではなく、「that kid is」という be 動詞の省略です。

学校の英語の授業などでは、所有のとき以外に固有名詞に「’s」を付けた文を目にする機会はまずないと思います。文法的にはどうなのかというと、どうやら英語圏でもあまり議論の対象になっていないようで、この使い方を禁じるルールがないということである程度落ち着いているようです。

参考 WRITER’S DIGEST “Contractions With Proper Nouns (Brian’s a baseball Fan)—RIP Bill Walsh”

ちなみに、オフィシャルな文章を書く際にはそもそも「’s」のような短縮系は用いられないため、文法的に正しいかどうかに関係なく使用されません。

カートマン:Oh yeah? Well, at least I’m not a p—!

at least」は「少なくとも、ともかく」という意味ですが、少なくとも何でないのかはカイルの発言に遮られて分かりません。

カイル:Shut up!

shut up」は日本でもシャラップなどと表記されることがありますね。

黙れ」という意味ですが、実はかなり乱暴な表現です。

日本語訳例

カイル:お前はくそデブだろ、カートマン。お前が通りを歩けば「まじかよ、あのガキくそデブじゃんか」って言われるよ。

カートマン:ああそうかよ?あのな、俺は少なくとも…

カイル:うるせぇ!

11ブロック目

サンタ
サンタ

Buttfuckin…

カイル
カイル

I’m not the buttfucker, Cartman, YOU’RE the buttfucker…

サンタ
サンタ

FUCK YOU!

とみー
とみー

ここは本当にごちゃごちゃしているので聞き取れないのが普通です。

サンタとイエスはもみくちゃになっていますし、少年たちは少年たちでやいやい言い合っているシーンです。

日本語訳例

サンタ:くそ野郎…

カイル:俺はくそ野郎じゃないぞカートマン。お前がくそ野…

サンタ:くたばれ!

今回はここまでです!なんだか混沌とした状況になってきましたね。4人の少年は最終的に誰を助けるのでしょうか?そしてサンタとイエスの戦いはどのように決着するのでしょうか?

とみー
とみー

次回乞うご期待です!

まとめの日本語訳とクイズ

まとめ
  1. 少年たち:いけ、サンタ!あ、えっと、いけ神様!
    イエス:チュンクァンドゥ!
    サンタ:な…?
  2. サンタ:ヨクトーキー!
    イエス:うわぁ!
    ケニー:まじかよ!
  3. カイル:なんてこった!ケニーが殺されちゃった!
  4. サンタ:来いよくそ野郎!
    イエス:来いよ!ほら!
    スタン:このっ!
  5. イエス:少年たち、この1回限りだ、こいつを終わらせるのを手伝ってくれないか。
    スタン:いや、少年たちよ、私がこいつを終わらせられるように助けてくれよ。
  6. イエス:神は君たちを見ているよ、少年たち。誰を助けるべきかはわかるでしょう。
    サンタ:スタン、君が3歳の頃の汽車ポッポーを覚えているだろう?
  7. イエス:私はあなたたちの罪のために死んだのですよ。忘れたとは言わせませんよ。
  8. スタン:どうしたら良いのかもうわかんないよ。誰を助けるべきなんだ?
    カートマン:俺はサンタクロースを助けるべきだと思うぞ。
  9. カイル:ああ、サンタがキャンディーをくれるからそう言ってるだけだろ、お前は。
    カートマン:おい!俺はユダヤ人のそんなたわごと聞かねぇよ。
  10. カイル:お前はくそデブだろ、カートマン。お前が通りを歩けば「まじかよ、あのガキくそデブじゃんか」って言われるよ。
    カートマン:ああそうかよ?あのな、俺は少なくとも…。
    カイル:うるせぇ!
  11. サンタ:くそ野郎…。
    カイル:俺はくそ野郎じゃないぞカートマン。お前がくそ…。
    サンタ:くたばれ!

クイズ

今回の内容を復習しましょう。

「Then she goes, "Howdy! It's been ages."」の意味は?
「sin」の意味は?
「He's a kinda genius.」の意味は?
「Jew」の意味は?
「What do you think we should do?」への返答は?
「( ). You cannot use it.」の()に入るのは?
「choo-choo」の類義語は?
「once and for all」の意味は?
「Can you help me ( ) dinner?」の()に入らないのは?
「I ran as fast as possible so that I'd be able to be in time.」の意味は?
Jesus vs. Santa 3 クイズ
正答率 {{userScorePercent}} %:{{maxScore}} 問中 {{userScore}} 問 正解です。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメント

タイトルとURLをコピーしました