【初心者向け参考書】グランゼコール留学生がフランス語を始めた1冊

【初心者向け参考書】グランゼコール留学生がフランス語を始めた1冊フランス語
スポンサーリンク

どうも!初めましての方は初めまして、初心者のWebサイト勉強のとみーです!

とみーってどんな人?
  • 大学でフランス語の勉強を初めて
  • グランゼコールに2年留学した
  • 理系大学生です!

フランス語は、英語に次いで世界で2番目に多く外国語として学ばれている言語です。

しかも、

世界の5大陸すべてで話されているのは
英語とフランス語だけ

なんです。

美食やファッションなど国としての魅力がたくさんあるだけでなく、このように言語的にも恵まれているため

フランス語を勉強してみたいな〜!

と思う方は少なくないでしょう。

そこで今回は、

  • グランゼコールに2年間留学したとみーが
  • フランス語の知識0で取り組んで良かった

参考書についてまとめました!

スポンサーリンク

おすすめの参考書「快速マスターフランス語」

とみーがフランス語を始めたのは「快速マスターフランス語」という本からでした。

この本のポイント
  • フランス語の知識0の初心者が
  • 基本的な文法を一通り押さえ
  • 頻出表現や単語の知識を得られ
  • 練習問題も付いてる

これ一冊で!基礎を固める」というキャッチコピーの通り、完全初心者の状態からこの1冊で基礎固めをすることができます。

とみー
とみー

何冊も参考書を買って順番にこなしていくのが苦手な方におすすめのオールインワンです!

それでは細かく見ていきましょう。

スポンサーリンク

文法どころかアルファベもわからない完全初心者向け

快速マスターフランス語

  • 第1章
    文法編
  • 第2章
    会話表現編

の2章で構成されています。

とみー
とみー

文法編」でフランス語の作りを理解し、定番表現を「会話表現編」で身に付けるという流れです。

フランス語のアルファベット「アルファベ」や発音といった超基本的なことから始まるため、

フランス語知識0の状態でも大丈夫

です。

ちなみに

フランス語は英語の知識があると習得が早いのですが、この本では英語と絡めた解説はないので英語の知識も必要ありません。

英語との違いについての説明は少しありますが、これは英語とフランス語の違いを知りたい方向けなので、フランス語を学ぶだけであれば前提知識は何もなくて大丈夫です!

スポンサーリンク

文法の基礎固めは1日1課1ヶ月で!

文法編」は学習計画を立てやすいように課分けがされており、フランス語知識0の状態からでも1日1課取り組めば

1ヶ月弱で基本的な文法を網羅できる

ようになっています(全30課)。

名前だけ見てもよく意味がわからない方もいると思いますが、基本的な文法は一通り取り上げられています。

とみー
とみー

1課あたり大体4〜6ページなので、毎日の生活の中でも無理なく取り組めます

完璧に仕上げるのにはもう少し時間がかかりますが、毎日1課クリアできるので達成感を感じやすくモチベーションも維持しやすいのが嬉しいポイントです。

発音練習は…

初心者向けの本なので当然 CD が付いており、正しい発音を聞いて学ぶことができます。

また、要望が多かったのかもともと CD に収録されていなかった音声も著者の方が YouTube で公開しているので、発音練習に関しては申し分ないと言えるでしょう。

解説・図表が豊富で例文も多いからわかりやすい

入門・初心者向けの参考書として何よりも大切なのが、わかりやすさですよね。

とみー
とみー

新しいものばかりなのにわかりにくかったら困ります。。。

丁寧な解説とわかりやすくまとまった図表

快速マスターフランス語は解説が丁寧に書かれているため、とみーがまったくの初心者だった時代に読んでも特に問題なく理解することができました。

また、フランス語の動詞は活用が非常に多くて煩雑なのですが、

  • 複雑な活用:表
  • 使い分けが難しい文法:図

といった具合に見やすく情報が整理されていたのもスムーズな理解の助けになっていたと思います。

勉強していくにつれて「これって何を使うんだっけ?」と悩むことが多くなります。そういうときに、わかりやすくまとめられている図表が大いに役立ちます。

理解を助けるための豊富な例文

ただし、解説や図表が充実しているからといって、込み入りすぎているわけではありません。

とみー
とみー

詳しすぎる解説は、かえって混乱に繋がってしまいますよね。。。

あくまで初心者にとって必要十分な解説の域を出ず、

豊富な例文を通して
「なるほど」
と理解できる

ようになっています。

デザイン・レイアウトや色使いが見やすい

個人的に特に良かったのは、デザイン・レイアウトや色使いでした。

フランス語とは関係ないじゃん!

と思う方もいると思いますが、本としての読みやすさは非常に重要です。

後から「あれってどうだったっけ?」と読み返すときに、綺麗に見出しが分かれていると探しやすく効率が上がります。

とみー
とみー

どんなにわかりやすくても情報が見つけにくい構成だと、復習が大変です。。。

さらに言うと、フランス語を初めて学ぶにあたって

細かい色付けがなされていること

は必須と言っても過言ではありません。

例えば、次の2つの文を考えてみましょう。

  1. Sora est étudiant.
  2. Sora est étudiante.
とみー
とみー

違いがわかりますか?

見た目は最後の単語末に「e」があるかどうかの違いしかありませんが、実は

  1. Sora は男性
  2. Sora は女性

という大きな違いがあります。

フランス語は性別によって名詞や形容詞を変えるので、このわずかな違いを見落とすだけで後の文章が大きく変わっていってしまうのです。

フランス語には「le」と「la」、「français」と「française」のようにたった1文字の語尾で意味が変わってしまう言葉が多くあります。

とみー
とみー

この例では2つの文を直接比較したので「e」の有無を判断するのは簡単でしたが、実際に長い文章を読み書きする際には上級者でもうっかり忘れてしまうことがあるくらいなので、初心者のうちから注意するクセを付けなければいけません

この点、快速マスターフランス語では気をつけるべき部分は赤字できちんと色付けされているので、自然と注意する習慣が身に付きます。

練習問題&新出単語のまとめ付きだから理解度を確認できる

言語に限らず新しいものを勉強していて気になるのが、

今読んだことを自分は本当に理解できているのか?

ということですよね。

とみー
とみー

丁寧な解説がかえって災いし、「わかった気」になっていないか心配になってしまうのです。

快速マスターフランス語には各課末に練習問題が用意されているので、

その課で学んだ内容がきちんと
理解できたかどうかを確認

することができます。

また、練習問題の他にも

その課で登場した新出単語リスト

があるので、初心者向けの単語帳としても機能します。

実は、フランス語の参考書は読むだけのものが多く、練習問題や単語のまとめが付いているものがあまりありません

とみー
とみー

実際に書店などで見てみるとわかるのですが、問題付きでわかりやすくまとまっている本って少ないんです。。。

「参考書とは別に問題集・単語帳を買えばいい」というのは間違いないのですが、

  • そこまで本腰を入れて取り組むかわからない初心者
  • お金のない学生

がいきなり何冊も本を買うのは難しいですよね。

そのため、特にこうした人に快速マスターフランス語はおすすめと言えます。

「快速マスターフランス語」の残念なポイント

とみーがフランス語を初めてグランゼコールに留学するまで長くお世話になった快速マスターフランス語ですが、惜しいなぁと感じた点が1つありました。

それは、

文法編の課の構成がベストではない

ということです。

全体的には初心者向けの解説として申し分ないのですが、最初の

  • 発音
  • 数字

の課は情報量が非常に多く、

うげっ!いきなりこんなに覚えないといけないの…!?

心理的なハードルが上がってしまうように感じました。

決して難しい内容ではないのですが、優先度がそこまで高くないものが多い(100万といった大きな数の数え方など)ので、この部分は必要最小限に押さえてあった方が良かったと思います。

また、動詞について初めて扱うのが第11課なのにそれ以前から動詞を使った文が登場するなど、

こんなの見たことないんだけど…

という場面が特に最初のいくつかの課でありました。

読み進めていくうちに

とみー
とみー

あっ、あれはこういうことだったのか!

と解決できるようになってはいるものの、少しモヤモヤが続いたまま先に進むのが人によっては気になるかもしれません。

まとめ