「ConoHa WING」で無料独自SSLを設定しよう〜実践編〜

ConoHa WINGで無料独自SSLを設定基本設定
スポンサーリンク

今回は、作成したWebサイトにConoHa WINGの独自SSLを設定する手順を見ていきます。

とみー
とみー

WordPressをインストールしたらすぐにSSLの設定に取り掛かりましょう。後回しにしておくと、変更・更新しなければならないことが増えて大変です。ちなみに設定は無料でできます。

スポンサーリンク

ConoHa WINGのダッシュボードにログインしていない場合

WordPressをインストールしてから少し時間をあけて作業している場合や、ダッシュボードからログアウトしている場合は、まずダッシュボードにログインしましょう。

ログインページへ

とみー
とみー

すでにログインしている方は、ダッシュボードにログインできたらまで飛ばして大丈夫です。

ConoHaログインページ

ConoHa WINGをレンタルする際に決めたメールアドレスとパスワードを入力してログインします。

ログインに成功したら、次のような画面になっていると思います。

ConoHaダッシュボード
スポンサーリンク

ConoHa WINGのダッシュボードにログインできたら

WordPressをインストールした続きで作業している方も、ここからは一緒に進めていきます。

サイト管理画面を開く

画面左の「サイト管理」をクリックしましょう。

ConoHaダッシュボード:サイト管理

画面が切り替わります。

サイトセキュリティの設定を開く

ConoHa WINGダッシュボード:サイトセキュリティを選択

画面が切り替わったら、左側にある「サイトセキュリティ」をクリックしましょう。

再び画面が切り替わります。

無料独自SSLの設定を開く

サイトセキュリティの設定画面が開いたら、現在のタブが「独自SSL」になっていることを確認しましょう。

ConoHa WING:サイト管理:サイトセキュリティ:独自SSL

なっていない場合は、画像中で囲ってある「独自SSL」の部分をクリックしましょう。

ConoHa WINGダッシュボード:サイト管理:サイトセキュリティ:無料独自SSL

独自SSLのタブが開けたら、「無料独自SSL」をクリックしましょう。

無料独自SSLを設定するタブが開きます。

無料独自SSLの利用をONにする

ConoHa WING:無料独自SSLの利用設定

タブが開けたら、利用設定を「ON」にしましょう。

2行目に「利用中」という文字が表示されれば成功です。

利用設定が「設定中」の場合

2行目に「設定中」と表示されている場合は、まだ設定が完了していません。表示が変わるのを待ちましょう。

とみー
とみー

これでConoHa WINGで独自SSLが利用できるようになりました。

あとはこのSSLを作成したWebサイトで有効化すれば完了です。

スポンサーリンク

無料独自SSLが「利用中」になったら

サイト設定を開く

ConoHa WINGダッシュボード:サイト管理:サイト設定を選択

続いて、画面左の「サイト設定」をクリックして画面を切り替えます。

SSLを有効化するURLの設定を開く

サイト設定の画面が開いたら、現在のタブが「アプリケーションインストール」になっていることを確認しましょう。

ConoHa WINGダッシュボード:サイト管理:サイト設定:アプリケーションインストール

なっていない場合は、画像中で囲ってある「アプリケーションインストール」の部分をクリックしましょう。

アプリケーションインストールのタブが開けたら、SSL化するWebサイトのURLをクリックしましょう。

隠れていた部分が展開して表示されます。

かんたんSSL化でSSLを有効化する

画像のように、「SSL有効化」をクリックしましょう。

ConoHa WINGダッシュボード:サイト管理:サイト設定:アプリケーションインストール:かんたんSSL化

以上ですべての作業が完了です!

SSL化できているかの確認

最後に、WebブラウザのURLバーにサイトのURLを入力してみましょう。

URLの場所

画像のように、URLの横に鍵マーク「」が表示されれば成功です。

Webブラウザによっては鍵マークが表示されない場合もあるため、その場合はURLバーをクリックして完全なURLを表示してみましょう。URLが

https://www.beginner-blogger.com

のように「https」から始まっていればSSLがきちんと有効にされています

SSL化された後にhttpでURLを入力するとどうなるか

試しにURLバーに、

http://www.beginner-blogger.com

のように「http」から始まるURLを入力してみましょう。すると、SSLが有効化された

https://www.beginner-blogger.com

という「https」のページが表示されます。つまり、httpと入力してもきちんとhttpsのページに繋がります

レンタルサーバによってはhttpからhttpsへ繋がるような設定が別で必要なものもありますが、ConoHa WINGでは自動でhttpsへ繋がるように設定してくれます。

とみー
とみー

お疲れさまでした!これで通信の暗号化はバッチリです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました