Google Domainsで取得したドメインをConoHa WINGとひも付けよう〜実践編〜

Google Domainsで取得したドメインをConoHa WINGに紐づけるドメイン
スポンサーリンク

今回は、Google Domainsで取得したドメインをConoHa WINGでひも付ける手順を見ていきます。

とみー
とみー

最後まで見ることで、Google Domainsで取得したドメインをConoHa WINGで使えるようになります。

スポンサーリンク

ConoHa側の設定

まずはConoHaの管理画面での作業になります。

ConoHaにログイン

まずは、下のボタンからログインページにアクセスしましょう。

ConoHaログインページへ

ConoHaログインページ

メールアドレスパスワードを入力してログインしたら、下のような画面になります。

ConoHaダッシュボード

「サーバー管理」→「ドメイン」→「+ドメイン」の順にクリック

画面左の「サーバー管理」をクリックしましょう。画面が切り替わります。

ConoHaダッシュボード:サーバー管理

画面が切り替わったら、左の「ドメイン」をクリックしましょう。その後、画面右上の「+ドメイン」をクリックします。

ConoHa管理画面:+ドメイン

ここまでの操作が完了すると、次のような画面が表示されます。

ConoHa管理画面:ドメイン追加

ドメイン追加

ConoHa管理画面:ドメイン追加2

画像のように、1行目は「新規ドメインを追加」を選択しましょう。2行目は、Google Domainsで取得したドメインを入力します。

無料独自SSLの設定

SSLとは、インターネット上の通信を暗号化してセキュリティを向上させる仕組みのことです。

例えばSSLを利用しない場合、入力したメールアドレスやクレジットカードの情報が暗号化されないため、悪意ある第三者により盗聴される危険が高くなります。

ConoHa管理画面:無料独自SSL

特別な理由がない限り、無料独自SSLは「利用する」にしましょう。

SSLの設定は後でも変更できますが、遅くなれば遅くなるほどサイトが大きくなっているため、処理が面倒になってきてしまいます。

最後に「保存」ボタンをクリックしましょう。

ConoHa WING:SSLエラー

画像のようなエラーが表示されることがありますが、エラーが出た部分をこれから設定していくため、心配は無用です。

とみー
とみー

ConoHaの管理画面での作業はもう少し続くので、画面は開いたままにしておきましょう。

スポンサーリンク

Google Domains側の設定

ドメインの管理画面にログイン

下のボタンからGoogle Domainsにログインしましょう。

Google Domainsにログイン

Google Domains:管理

管理」をクリックすると、ドメインの管理画面に切り替わります。

Google Domains:管理画面

DNSの設定

画面左の「DNS」をクリックしましょう。

管理画面:DNSクリック

カスタムネームサーバーを利用する」にチェックを入れましょう。

Google Domains:DNS

続いて、ネームサーバーという欄に

ネームサーバーに入力する値
  • ns-a1.conoha.io
  • ns-a2.conoha.io
  • ns-a3.conoha.io

の3つを入力します。はじめは入力できる欄が1つしかありませんが、「+」ボタンをクリックすることで入力欄を増やせます

すべてを入力できたら、「保存」をクリックしましょう。

Google Domains:DNSSEC無効化

このとき画像のような警告が出ますが、「ネームサーバーを変更する」でOKです。

とみー
とみー

ここで一旦ConoHaの管理画面での作業に移ります。Google Domainsの画面は開いたままにしておきましょう。

スポンサーリンク

ConoHaでIPアドレスを確認

DNSの管理画面へ

ConoHa WING:DNS

まず、画面左の「DNS」をクリックします。

続いて、表示されているGoogle Domainsで取得したドメイン名をクリックします。

IPアドレスを確認

ConoHa WING:IPアドレス

ドメイン名をクリックすると、隠れていた数字や文字列が表示されます。この中で、

  • タイプが「A(通常)
  • 名称が「

となっている行の「値」をメモしましょう。画像の例では、「118.27.95.156」をメモします。

この値のことを、WebサイトのIPアドレスといいます。

とみー
とみー

以上でConoHa側の作業は終了です!あとはGoogle Domains側の作業が少しだけ残っています。

Google Domainsでカスタムリソースレコードを追加

再びGoogle Domainsの管理画面へ戻りましょう。

とみー
とみー

画面を閉じていなければ、DNSの設定画面になっているはずです。

画面を下の方まで移動させると、「カスタムリソースレコード」という欄が現れます。

Google Domains:カスタムリソースレコード

ここでは、次の2つを追加します。

Aレコードの追加

Google Domains:Aレコード追加

画像のように入力して「追加」を押しましょう。「@」と「1H」と書いてある欄はそのまま何も入力しなくて大丈夫です。値とは、先ほどメモしたIPアドレスのことです。

CNAMEレコードの追加

Google Domains:CNAMEレコード追加

先ほどと同様に、画像のように入力して「追加」を押しましょう。

以上ですべての作業が完了です。

ドメイン設定完了の確認

すべての作業が終わったら、WebブラウザのURLバーに自分のドメインを入力してみましょう。

URLの場所

設定がうまくいっていれば、サイトが表示されます。

設定が完了してからサイトが表示されるまでの間には、数時間程度かかる場合があります。何も表示されない場合は、少し時間を置いてから再び確認するのがいいでしょう。

とみー
とみー

お疲れさまでした!Google DomainsとConoHa WINGを組み合わせている方は、これでWebサイト作成の3分の2が終了したことになります。最後はWordPressのインストールです!

参考 ConoHa WINGにWordPressをインストールする方法は、こちらの記事をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました