Webサーバをレンタルしよう〜理論編〜

WebサーバのレンタルWebサーバー
スポンサーリンク

今回は、Webサイトを作るために必要なWebサーバを実際に用意する前に理解しておきたい最低限の内容を確認します。

とみー
とみー

まずは、Webサイトを作成する流れを最初におさらいしておきましょう。

スポンサーリンク

Webサイト作成のために

Webサイトを作る方法

Webサイトを作る方法は大きく分けて3つあります。

  1. 無料ブログサービスを利用する
  2. WordPressを利用する
  3. Webページを構成するファイルを自作する

参考 無料ブログとWordPerssの比較は、下の記事にまとめてあります。

とみー
とみー

3番目のファイルを自作するやり方は初心者の域を完全に超えているので超初心者のとみーでは説明できません。。。

ここでは、初心者が本格的なWebサイトを作成していくためにWordPressを用いる2番目のやり方で作成することを目指します。

WordPressでWebサイトを作成するときに必要なもの

WordPressを使ってWebサイトを作っていくためには、Webサーバドメインという2つのものが必要になります。

簡単にまとめると、Webサーバやドメインとは以下のようなものです。

Webサーバ

Webページを構成するために必要な情報(ファイル)を保管するコンピュータです。

Webサーバ

Webサーバは保管している情報をインターネットに公開しているため、Webサーバを訪れればそのWebサイトのページを見ることができます。

ドメイン

Webサイトの住所に相当します。

ドメイン

ドメインがわからなければWebサイトまでたどり着けないため、そのページを見ることができません。同じドメインは世界にたった1つしか存在しません

参考 Webサイト作成の流れに関するより詳しい説明は、下の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

Webサーバについてもう少し

ここでは、Webサーバについてもう少しだけ理解を深めましょう。

Webサーバの働き

Webサーバは、どのページにどういう内容を表示するかという指示をまとめたファイルや、ページに貼り付けるための画像といった情報を保管していますが、同時にそのページをみんなに公開するという役割も果たしています。

Webページを見るために、わたしたちのスマホやパソコンは裏でWebサーバと次のようなやりとりをしています。

Webサーバの働き

Webサーバに「このページが見たい」というリクエストを出すと、Webサーバが対応するページを見つけてきて「はいどうぞ〜」と送り返してくれます。

このときには、ページそのものではなくどのようなページを表示するかが書かれたファイルが送られてきます。このファイルは特別な言語で書かれているため、簡単には読めません。わたしたちが普段使っているGoogle ChromeやSafari、Internet ExplorerなどのWebブラウザと呼ばれるソフトがこの言語を見やすく解読してくれているのです。

Webサーバの性能

Webサーバはコンピュータなので、性能というものがあります。

とみー
とみー

どれくらいたくさんの情報を保存できるか、とか、何人まで同時にアクセスして大丈夫か、といった感じです。

ですが、最初の段階ではWebサーバの性能は気にしなくて大丈夫です。

しっかり勉強すればその違いがきちんと理解できて、どういう性能が自分のWebサイトには必要なのかといったことが分かってくると思いますが、サイトを立ち上げたばかりの状態では正直なところ「nginxが〜」などと言われてもよくわからないですよね。

スポンサーリンク

Webサーバの用意

それではWebサーバを用意する方法を見ていきましょう。

Webサーバを用意する方法

Webサーバを用意する方法は、

  1. レンタルサーバ会社と契約してレンタルする
  2. 自作する

という2つがあります。

Webサーバーを自作するとは

Webサーバーを自作するということは、自分の持っているパソコンに

  1. 情報を保管し、
  2. その情報をみんなが見られるような環境を作る

ということです。いろんな人が自分のパソコンにやってくることになるため、セキュリティ対策をしっかりしなければ非常に危険です。

とみー
とみー

自作するためには用意するものが多く、様々な知識を必要とします。初心者にとっては特に難しい作業になるため、レンタルサーバを利用しましょう

Webサーバのレンタル

レンタルサーバ会社

サーバを貸し出している会社は数多くありますが、中でも次の3つが大手として評価されているようです。

大手のレンタルサーバー会社
  • エックスサーバー
  • ロリポップ!
  • さくらのレンタルサーバ

また、これらに加えて

  • ConoHa WING

というレンタルサーバが性能や機能などの面で注目を浴びてきています。

とみー
とみー

インターネットで検索すると各サーバごとの詳しい性能を比較したサイトが多く見つけられますが、初心者にとっては性能の違いなどはよくわからないため、こだわりがなければ上の4つのいずれかを選べば良いでしょう。

初心者のWebサイト勉強では、学割が利用できるConoHa WINGのレンタルサーバーを利用しています。

参考 学割を利用してConoHa WINGをレンタルしたい方は、下の記事が参考になります。

Webサーバのレンタル料金

契約する会社やプラン、期間によって料金は変わってきますが、だいたい月額数百円〜数千円程度になることが多いようです。

例えば、さくらのレンタルサーバの料金体系は以下のようになっています。

レンタルサーバ料金例

上で挙げた4つのレンタルサーバに限定すれば、1年間契約する場合は毎月数百円〜1,000円前後の出費を考えておけば良いでしょう。

契約期間については、長ければその分だけ月額料金が安くなるように設定されていることが多いです。

とみー
とみー

もっと安く契約できるレンタルサーバもありますが、しっかりとしたサポートを受けるためにはやはり大手を利用した方が安全です。

なにか問題が起きたときにサポートが不十分だと、全部自分で対処しないといけませんが、初心者にはかなり難しい操作が必要になります。

まとめ

  • Webサイトを作成するためには、Webサイトの情報を管理するWebサーバが必要です。
  • Webサーバはレンタルサーバ会社と契約してレンタルするのが簡単です。
とみー
とみー

これらを踏まえて次回は実際にWebサーバをレンタルする流れを見ていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました